メーカー

珈琲を愛してやまない所はどこ?

珈琲を愛してやまないと明言している珈琲専門店は多くあります。
珈琲の香りが堪らなく好きだと、焙煎機のある部屋から出ないというような店員の小さなこぼれ話のようなものまでありますが、そういう情報はその珈琲店では店で焙煎しているという宣伝のようになっています。
またある店など珈琲の買い付けの様子などもアップしていることから、かなりの珈琲に対する入れ込み具合が伝わってきます。
不思議なことに「珈琲を愛してやまない」でインターネットで探すと数点の珈琲の店の名前が上がり、珈琲に対する入れ込みが強いことが分かる店が多いといえます。

それぞれに特徴があり、珈琲が美味しいことは絶対的な条件であるといってもいいのかもしれません。
またカプチーノを頼んだ時に、絵を描いてもらえるというサービスもある店は絵も上手くて、飲むのがもったいないと思わせる仕上がりになっています。
こうした喫茶店というのは日本ではまさに文明開化の明治時代に入ってきました。

それまで外での軽食はお団子屋さんなどでした。
日本で一番はじめにできた珈琲喫茶店は、明治21年(1888年)4月に東京下谷黒門町にできた「可否茶館」という名前でした。
珈琲は五銭、牛乳入り珈琲は二銭で売り出していたそうです。
自分の家の洋館を改造して日本で初めての珈琲をだした店でもありました。

明治の中頃から増え始めた店は、明治の終わりには日本の珈琲文化に大きく貢献したような珈琲ショップも現われたのです。
今では家でも手軽に珈琲が飲めるようになりました。
味にこだわる珈琲を愛する人の中には自宅で焙煎できるという焙煎機を購入し、ミルも珈琲ドリッパーなどもそろえて本格的にブレンドまでするような人もいます。
美味しい珈琲は何も入れなくても美味しいとそのまま飲むのもいいのですが、あまり飲みすぎることがないようにしてください。
また砂糖はいれなくてもいいのですが、たまには牛乳を入れることで胃に負担をかけない珈琲を飲むようにしましょう。

このページの先頭へ