メーカー

珈琲はどんな人が一番飲んでいますか?

ある研究によるとストレスを感じる人は苦いものを求めると言われ、特に珈琲をそのままの状態が美味しいという人はストレスの解消に珈琲を求めていると言われています。
残念ながら、ストレスは現代社会から切り離せないものであり、珈琲を美味しく感じるのが大人になったのではなく、ストレスを解消するために苦味がある珈琲を好むようになっていくのでしょうか。
しかし今では日本人が昔から飲んでいるお茶と同じくらいに珈琲は飲まれています。

嗜好品としての人気は勿論ですが、食生活の中にも入り込んでいます。
どんな時に珈琲を飲みたくなるかというアンケートでは、仕事、家事、勉強の合間に飲む人、ドライブしている時に飲む人、朝起きた時に飲む人などが多く、結果から眠気を解消しようとしているか、疲れた時に飲む傾向が多いようです。
また別の傾向に肉料理を食べた後に珈琲を飲むという意見があります。

これは珈琲に「カリウム」が含まれており、無意識に求めているのではないかと言われていることなのです。
実はカリウムは野菜に多く含まれています。
しかし現代日本人の野菜離れは食事の欧米化と共にはじまってしまったとも言われており、また核家族化、さらには独り暮らしになると仕事で忙しく遅くなると、外食やスーパーやコンビニなどでできたお弁当などを食べ、炊事をしなくなることでますます野菜から離れます。

肉類にはナトリウムが含まれています。
ナトリウムとのバランスを摂るのがカリウムで、無意識にカリウムの含まれた珈琲を飲むことでバランスを摂っているのではないかという説があります。
ある意味では身体的にも精神的にも珈琲が身体のバランスを整えてくれているのではないかと言われています。

苦い珈琲が美味しく感じ、癒されるという人は珈琲もいいのですが頼ることによってカフェイン中毒にならないように気を付けるようにしなければなりません。
珈琲を本当の意味で美味しく感じるように、食べ物に気を付けて精神もリラックスできる環境で珈琲を飲みましょう。

このページの先頭へ