メーカー

珈琲が一番飲まれる時間帯はいつ?

「珈琲をよく飲む時間はいつか」というアンケートの結果では、15時台が一番飲まれる時間帯としてあがっています。
朝の珈琲というイメージがありそうですが、7時台が僅差で2位でした。
これは昼間に独特な眠気を感じてしまうために飲むという人が、コーヒーブレイクタイムとして飲むことが多いのだそうです。
昼食後のお腹がいっぱいになり、満腹中枢も満たされている時に眠くなる、というのは身体の素直な欲求のようですが、さすがに仕事中に眠ることは出来ません。

そこで少しでも眠気を覚まそうと珈琲を飲むのだそうです。
また主婦の中には、効率よく疲れを取ろうと昼寝をする前に珈琲を飲むという人がいます。
昼寝など怠けていると考えがちですが、身体の効率を考え、夜の睡眠を妨げないためにも、30分ほどの昼寝は推奨されているのです。

むしろ疲れを引きずり、ボーッとしている方が良くないと言われています。
昼寝の前に珈琲を飲んで眠ると、カフェインは体内に吸収して30分後に最大の血液中比率となると言われています。
飲んだ後にすぐに昼寝をすることで、30分後にスッキリと目覚められるということが言われています。

ただしこの方法は個人の体質が左右してしまい、早い人は15分程で目覚めてしまいますし、遅い人は2時間近く眠ってしまうそうです。
さすがにそれほど眠っては、夜の睡眠に支障がでる場合もありますので、自分の体質と珈琲の相性というものを、把握した方がいいでしょう。
ちなみに、この方法は子供には使わない方がいいでしょう。
子供にはカフェインの刺激が強すぎますし、子供に昼寝は必要です。

親が時間を管理してあげることで、夜眠りやすく、自然な成長を促進してあげることが大切です。
また全体的に珈琲を飲むのは7時台~15時台が多く、16時以降は少なくなっています。
夜に珈琲を飲むということは、避ける傾向があるようです。
やはり夜に眠れなくなるということを避けるため、取っている行動といえるのでしょう。

このページの先頭へ