メーカー

珈琲は人体にどのような影響を与えるメカニズムになっていますか?

珈琲を飲むと眠気が覚めます
これは珈琲の中に含まれているカフェインが原因であると言われていますが、実はそれほど珈琲のカフェインは多くないとも言われています。
珈琲を1日に何杯も飲む人はカフェインが足りないからすぐに眠気冷ましや口寂しさから飲もうとしますが、あまり飲みすぎるとカフェイン中毒になってしまいますので、気を付けてください。

日本人らしく煎茶などを飲むとカフェインが珈琲の2倍は摂れますので眠気も覚めます。
実は珈琲は研究してはその結果がいろいろとでているもので、様々な研究が行われています。
最近の研究では血栓ができにくいという結果がでており、脳梗塞や心筋梗塞の予防などになると言われています。

これはマウス実験で行った結果で、水を飲ませ続けたマウスと珈琲を飲ませ続けたマウスでは、コーヒーを飲んでいたマウスのほうが、明らかに血のかたまりができにくかったという結果がでました。
水も血栓などができにくくする効果があると言われていたものでしたが、それ以上の効果があるとされています。
それは珈琲にあるカフェインだろうかと水にカフェインを溶かしたものをマウスに与えたのですが、それだけでは水とまったく変わらない結果になりました。

つまりカフェイン以外の珈琲の成分に血栓を作りにくくする作用があるとされています。
物質までは特定できていませんが、珈琲には血のかたまりをできにくくする効果があるという事実は間違いなくあるようです。
また人間の血においても珈琲を飲む前と飲んだ後では飲んだ後の方が血が固まりにくいという結果が出たようです。

これまでの結果から珈琲を飲むことで血栓ができにくく、心筋梗塞などが抑えられるといわれています。
心筋梗塞は朝に起きることが多いと言われており、朝の珈琲は血のかたまりを作りにくくするという意味でも大きいといってもいいでしょう。
目覚めに飲む意味は違っても朝に珈琲を飲むことで身体にいい影響を与えることができるのです。

このページの先頭へ