メーカー

珈琲は牛乳に使用されている珈琲には、眠気防止の効果はありますか?

珈琲は胃に良くないために、牛乳を入れた状態は胃に優しい飲み物になるのでお勧めです。
それでは牛乳にはカフェインを消してしまう効果があるということなのでしょうかといえば、それはありません。
珈琲の中のカフェインは作用し、眠気防止の効果を発揮し、カフェインより即効性は薄いのですが、牛乳などの乳製品に含まれるトリプトファンもじっくり脳を目覚めさせてくれるという効果があります。

カフェインも普通の体質でも30分は脳に到達しないので、珈琲を飲んでも眠気が取れないのはブラックコーヒーにしていないわけではなくて実際にはカフェインの効果が脳に到達するまで効果がないということです。
もし車などを運転されている時に眠気を覚えたら、パーキングエリアで甘めの牛乳が入った珈琲を飲む少し眠りましょう。
カフェインはどのくらいで効果があるのかは個人差があるために分かりませんが、目覚めた時間がカフェインが脳を覚醒させた時間です。

さらに甘めの糖分は体内で分解されてブドウ糖になり、そのブドウ糖は脳で消費されるエネルギーとなります。
エネルギーが供給されるということは脳の活動が活発になるということで、それは脳が覚醒に繋がります。
そして牛乳のトリプトファンによって脳の覚醒状態が長く保たれるというわけです。

ブラックコーヒーではその場の刺激とカフェインだけの効果しかありませんので、長い目で眠気を覚ましたい時には甘い牛乳入りの珈琲がお勧めです。
また胃の負担も和らげてくれます。
さらに受験生に差し入れする飲み物でも珈琲とココアが人気が高いとされています。

これはカフェインの「やる気を起こす、持続させるという作用がある」というのに関わっています。
また子供にはブラックコーヒーはまだ舌が苦く感じるためか、牛乳入りが望まれることもあり、ミルクが入った珈琲が温かさと共に受験性のやる気をもあげるとされています。
無理をせずに飲む本人が一番美味しいと思えるような珈琲が一番いいと言えるでしょう。

このページの先頭へ