メーカー

珈琲にかける価格の相場はいくらですか?

珈琲には様々な種類があります。
普通に豆を買って豆から入れる本格的の珈琲、ドリップ珈琲、インスタント珈琲などです。
一番、お金も手間もかからないのがインスタント珈琲で、粉を入れて湯に溶かせば出来上がります。
通常が150g~200gで1000円~2000円ほどですが、特売になると1000円以下で買える、庶民の味方の珈琲です。

ドリップ珈琲は少しばかり本格派に近くなり、200杯作れる200袋が3000円~5000円という価格になっています。
フィルターに似た袋を破り、上から湯をゆっくりと注ぐと本格的に近い珈琲になります。
そして最後は珈琲豆から入れる珈琲です。

これが一番相場の見解が分かれています。
まず珈琲豆を買う人は専門の機械などを購入しています。
それらの値段は加えませんが、豆だけを買っても飲めませんことはご理解ください。
そして様々な通信サイトや店の情報の豆情報を集めても、一貫性がありません。

一番人気が業務用で1kg800円というものから「世界一高い幻の珈琲セット」63000円など、4位とか売り切れ再入荷待ちなど、珈琲にかける情熱がすごい人もいるのです。
人気サイトを見ても1000円以下から定番、高級品など一貫性がないのは好みの違いが表れているといってもいいでしょう。
そこであるサイトでの質問に100g1000円の珈琲豆は高いか、安いかという質問がありました。
高いという人と安いという人は半々の意見でした。

高いという人の意見の多くは「自分はこういう豆を飲んでいて値段も安いし、美味しい」などといった自分のお勧め珈琲を勧めることから、本格的な事業的な意見を述べる人までいらっしゃいました。
反対に安いという人は「自分が飲んでいる豆はこのくらいしますから安い」とこちらは普段飲んでいる豆が高いという人の意見でした。
珈琲豆は豆の種類と焙煎で味がかなり違います。

また保存方法でも味が変わってしまいます。
量と質、値段で自分の価値にあう相場の珈琲を選びましょう。

このページの先頭へ