メーカー

珈琲を考えついた人はどんな人ですか?

珈琲を飲み始めたのは誰かとかいつかとかには様々な説があります。
一番古いのでは、900年頃のアラビア人の医師ラーゼスによるものが最初と言われています。
彼は、野生のコーヒーの種子(バン)の黄褐色の煮出し汁(カム)を「バンカム患者に飲ませていたそうです。

ラーゼスの後のイスラム教徒の医師アヴィセンナによっても同様の記述がなされており、この人たちにより珈琲は飲み物ではなく、薬として使用されていたという記録があります。
珈琲が飲み物として飲まれるようになるのには2つの説があります。
1258年頃、アラビアのモカ(現イエメン)の守護聖人シーク・スシャデリの弟子シーク・オマールは、モカ王の娘に恋をしてしまったために山に追放されました。

その山の中で飢えに苦しんでいる時に美しい鳥がいたのです。
その鳥が止まっていた枝には果実があり、その果実が美味しかったので、スープにしようと洞窟に持ち帰り、スープにして飲むと香ばしい香りの元気のでる美味しいスープになりました。
その後に、そのスープの美味しさが話題になり、シーク・オマールは町に戻ることができ、スープも広まったと言われています。

もうひとつは年代的には不明なのですが、アビシニア(現エチオピア)にカルディという一人のアラビア人ヤギ飼いがいました。
彼のヤギはとても元気に跳ね回り、不思議に思って見ていたら赤い実を食べていました。
彼も食べてみると爽快な気持ちになれたのです。
そこで木の実をもって近くの修道院を訪ねてこの話を伝えると、院長が実の効能を自ら試してみることにしたのです。

そして茹でて飲んでみたところ、気分が非常に爽快になったのでした。
院長は弟子たちにも飲ませることで、やがて「眠らない修道院」として有名になり、魔法の木の実として広がっていったと言われています。
珈琲は最初はイスラム教の僧侶が愛用する眠気覚ましの妙薬でもあったとされており、珈琲が飲用となったのはまだ先の歴史であったと言われています。

このページの先頭へ