メーカー

珈琲にはメーカーが存在しているけど、一番お勧めなのはどこですか?

まずアンケートなどを見ますと缶コーヒーは「日本コカコーラ」のジョージアの人気は高く、次いで「サントリー」のBOSS、「キリンビバレッジ」のFIREと続きます。
ちなみにこれは好きな珈琲のCMと同じという結果がでており、CMの影響力の強さがでていますが、それでは缶コーヒーは味では選ばないということでしょうか。
アンケートには缶コーヒーに対する不満として「甘くて、薄い」「風味がない」「自販機で選べるものが少ない」などという意見があり、本格的な珈琲を好む人には少し物足りないのかもしれません。

特に自動販売機は一番缶コーヒーを求めるところでもありますが、飲みたいものがなく有名なものが多く入っているのも確かです。
それでは家でも簡単に飲めるインスタント珈琲のメーカーはいかがでしょう。
「ネスレ」のネスカフェ ゴールドブレンドに、続いて「AGF」のBlendy、再び「ネスレ」のネスカフェ エクセラに「AGF」のMAXIM、「ネスレ」のネスカフェ香味焙煎というように「ネスレ」と「AGF」が独占状態になっています。
理由は「開けた時の香りがいい」「アイス珈琲が簡単に溶ける」「CMが可愛い」「昔から家ではこれだった」という意見で、すぐに飲める溶けやすさや実家の時から飲んでいたという慣らされた味を選んでいるようです。

ちなみに上記の2社以外では「UCC」が入っているだけで3社でインスタント珈琲業界は占められているようです。
それに比べたら缶コーヒーは様々なメーカーがあります。
しかもインスタント珈琲ではトップを占めているメーカーも缶コーヒーも出していますが、味がいまいちと人気をふるっていません。

缶コーヒーはある意味そのまま飲める完成品であるということが、そのまま味を比べてしまうことにも繋がり、厳しい評価にも繋がっているのかもしれません。
またCMで飲みたいという気分を味わわせ、珈琲通の人に美味しいと感じてもらえる缶コーヒーを作るのが大変のようです。

このページの先頭へ