メーカー

珈琲は料理に用いる事は出来ないの?

珈琲を料理の隠し味に使うというのは意外と知られています。
例えば「カレーに珈琲」はコクのある隠し味になります。
また「ビーフストロガノス」の材料に珈琲を加えると味がしまるなどと言われています。

また珈琲を使った料理といえばデザート系が多いです。
ゼラチンパウダーで作る珈琲ゼリーや、ケーキに混ぜる珈琲のケーキ、ティラミスやアイスに混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりします。
そんな中ドレッシングに入れてサラダにかけて食べるという少し変わった料理が載っていましたのでご紹介します。

サワークリーム、グラニュー糖、レモンジュースで溶かしたコーヒーを混ぜ合わせたソースをかければ、フルーツサラダなどに合うような料理になります。
しかもサラダであるために珈琲を隠し味にしたカレーとの相性もばっちりです。
カレーに珈琲を使うという意見は意外と多く、どんなカレーとの相性も合うのではないかというほどに種類も豊富です。

またトマトソースの隠し味にも使われ、パスタなどとも食べるのも美味しいです。
ただあくまで隠し味ですので大量に入れてしまってはカレーやトマトソースの味がなくなってしまいかねません。
大体はコップ1杯が目安ですが、きちんとレシピなどをみて決まった量を入れるようにしましょう。

また珈琲自体の飲み方にも独自のアレンジも多くあります。
料理とはいえないかもしれませんが、食後に飲むのはいかがでしょう。
抹茶を入れた珈琲、牛乳とシナモンパウダーとはちみつを入れた珈琲、キャラメルを入れた珈琲は、全てをいれてレンジで温めてキャラメルを溶かします。
また甘いのが好みでない人はブラックペッパーをいれたりしています。

珈琲はそのまま飲むとか、ミルクと砂糖までと考えているような人には眼から鱗なものが多くあります。
珈琲は料理には隠し味に、デザートでは多く使い、飲み物は主賓という扱い方が人気のようです。
ここには載っていない隠し味の方法やデザートなどを皆さんも自分のアイデアで作ってみませんか。

このページの先頭へ