メーカー

珈琲は作成手法はどのようなものですか?

まずは珈琲豆を買いに行きます。
最近は喫茶店などでも珈琲豆を売っていますし、珈琲の専門店なども多いために、意外と簡単に手に入れることができます。
珈琲豆には種類があり、それぞれに味が違いますのでまずは自分の気に入った味の珈琲を選ぶことからはじめましょう。
喫茶店だとそのまま試し飲みができる状態であると言ってもいいほどです。

珈琲を飲んだ帰りに買って帰りましょう。
ここで問題なのは家に珈琲豆を挽く「ミル」という機械があるかどうかです。
ない場合はお店で挽いてもらわなければなりませんが、鮮度は早く落ちてしまいます。

珈琲豆の状態の方が長持ちします。
珈琲豆を持ち帰ったら暗所で保存しましょう。
珈琲豆を挽くミルがある場合はミルで挽き、ない場合は挽いてもらった豆を使います。

お湯を沸かします
そのまま熱湯のまま使うと高温過ぎ、えぐみが出てきてしまうため注意しましょう。
珈琲の風味が最大限に引き出せる温度は90~96℃です。
フィルターペーパーに粗挽きコーヒー豆を入れ、中心から円を描くように湯を注いで全体にいきわたらせ、1分ほど蒸らします。

蒸らし終わったら湯を3~4回に分けて静かに注ぎます。
後はペーパーを外して珈琲カップに注げば完成です。
お好みでミルクや砂糖を加えてください。
ちなみにアイス珈琲を作る場合は珈琲豆の量を倍にして、ドリッパーに氷を詰めておきます。

後の作り方は同じです。
グラスに氷を入れておき、冷えた珈琲を注ぎましょう。
ちなみに珈琲には珈琲豆と水の黄金比なるものがあって水:豆が180ml:10gというのがもっとも良いとされています。

またアイスコーヒーを作る場合は、氷で薄めることになるので、水:豆が180ml:20gとなります。
これらは珈琲豆を買ってきて作った自宅で出来る本宅的な珈琲の入れ方です。
また機械がなくてもドリップ珈琲に珈琲豆を入れて本格的な味に近づける方法もあります。
自宅で美味しい珈琲を飲みましょう。

このページの先頭へ